HOME資料室金属用語・解説集応力腐食割れ

金属用語・解説集

応力腐食割れ

腐食環境と引張応力が同時に作用した場合、本来延性破壊すべき材料が脆性破壊を起こす現象。
局部腐食が起こるとが重要な因子である。保護皮膜が局部的に破壊され、外部応力が引き続いて作用すると皮膜の修復作用が起こってもすぐに破壊されるので常に露出状態を生じ優先的な腐食反応が促進し、破壊される。
塩素イオンの存在下でのAI、アンモニア作用下での黄銅、塩化物あるいはアルカリ溶液中でのステンレスなど。