ニュース&トピックス

工業高校の生徒を対象にした職場体験学習を行いました

2017年2月27日

 我が社の現場では毎年、甲府工業高校の生徒を招き、本年度は『工業系高校生実践的技術向上事業』として現場実習を行っています。
 その狙いは、地域産業界と工業高校との連携による、ものづくり人材育成の仕組みを構築することを目的として行っています。
 主に、仕事の内容(鋼材等)や流れ、機械の特徴、安全面を説明し、理解して頂いてから、実際に機械に触れて学校の授業では体験できないことを感じて頂きます。少しでも生徒さんに伝えたいという想いで真剣に向き合っています。実習では、『時間』をテーマに行い、そのことで納期の大切さや段取りの重要性など、普段当たり前に過ぎていく『時間』がどれだけ大切なことか、実習を通して学んでいただいています。これからの山梨の製造業を担う若手の技術向上に少しでもお役に立てれば・・・。実習の感想では、『学校には無い大きな機械に触れることが出来て嬉しかった』、『時間の中で、ものづくりが行われている事が分かった』など、様々な感想や想いを頂いています。今後も生徒さんと共に成長し、より多くの生徒さんに伝えていければと思っております。