HOME資料室金属用語・解説集

金属用語・解説集

索引: あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行英数字・記号

か行

26件中 126件目

加工硬化
「ひずみ硬化」ともいう。鉛など特異な例を除き、金属に応力を与えると結晶のすべりが生じ、そのすべ... (続きを読む)
加工硬化係数(n値)
絞り加工性の目安にもなる特性値で、「n値」とも呼ばれる。 降伏点以上の塑性域における応力σと... (続きを読む)
加工率%
「冷間加工率」ともいう。加工硬化はその加工の程度によって硬さが変わってくる。これを利用してJI... (続きを読む)
ガスケット
シリンダーヘッドとシリンダーの間にはさむ薄い型抜き板のことで気密性を高めるパーツ。
硬さ
「一物体の硬さとは、これを他の物体をもって押しつけるとき、その物体の変形に対する抵抗力の大きさ... (続きを読む)
硬さ試験
材料の機械的性質の中で硬さを調べる試験で、押込み硬さ(HBブリネル硬さ、HVビッカース硬さ、H... (続きを読む)
カットオフ値
断面曲線から所定の波長より長い表面うねり成分をカットオフした曲線を粗さ曲線といい、この所定の波... (続きを読む)
機械的性質
材料の機械的な特性、つまり弾性、非弾性反応、応力と歪み、弾性率、引張強さ、疲れ限、硬さなどのよ... (続きを読む)
矯正
板材の平坦度や棒材の真直度を改善するために行う修正処理で、テンションレベラー、ローラレベリング... (続きを読む)
クラック
材料の外面又は、その全厚さを貫通しているか又は貫通していない割れ目。製品の表面から内部に広がっ... (続きを読む)
クラッド材
強さを増したり耐食性を向上させたりするために、ある金属に他の金属を加圧接着や圧延によって合わせ... (続きを読む)
クリープ強さ
クリープとは一定の応力(荷重)を加えたときの材料変形が時間の経過とともに進行する現象をいう。 ... (続きを読む)
クリア
耐候性を増す目的でアルマイトの上に施される透明な塗装。
ケーク
「スラブ」ともいう。板、条製造用の厚い板状になった鋳塊のことをいい、主に円柱形の鋳塊(=「ビレ... (続きを読む)
結晶粒
金属は多くの微少の結晶からできている多結晶体であり、その結晶の一つ一つを結晶粒という。この結晶... (続きを読む)
小板定尺
銅、真中は巾365ミリ×長さ1200ミリが主で、りん青銅、洋白は巾180ミリ×長さ1200ミリ... (続きを読む)
コイルカット品
ステンレス業界ではメーカーが供給する定尺板を「一級シート」又は「メーカー定尺」と言い、流通コイ... (続きを読む)
光輝焼鈍
「光輝焼なまし」ともいう。光沢のある金属表面を保つために、表面の酸化脱炭を防ぎ、還元または中性... (続きを読む)
硬質アルマイト
アルミニウム及びアルミニウム合金の表面処理で、陽極酸化被膜(アルマイト)処理のうち、硬度(HV... (続きを読む)
高周波抵抗溶接
コンタクト(接触子)を介して200Kc~2Mcの高周波電流を直接母材に流し、母材を部分的に加熱... (続きを読む)
孔食
すきま腐食の一種であり、「点食」ともいう。アルミやステンレスの不動態被膜面が、有機物などの異物... (続きを読む)
降伏点
引張試験の途中で応力(引張荷重)が急に低くなり、その後応力が大きくならないで伸びが進むというと... (続きを読む)
極厚板
板厚が50ミリを超える板のことをいうが、厳密な定義はない。
極薄板
板厚が0.3ミリ~0.5ミリの板のことをいうが、厳密な定義はない。
ゴトウ板(5'×10'板)
巾1524ミリ×長さ3048ミリ(アルミ板では1525ミリ×3050ミリの場合もある)の板をい... (続きを読む)
固溶化熱処理
合金において、一般に温度が高くなるほど基本金属に加える合金元素は溶け込みやすくなる。 したが... (続きを読む)